すきなだけ!!

書きたいことを書くところ

ジャニーズJr祭り0325 Love-tune

横浜アリーナ

12:00開演

らぶ7人バックなし

 

 

アリーナAブロより

 

セットリスト

CALL

言葉より大切なもの
TWL
Crystal sky
ますぴ
むちゅこい(リフターみゅAブロ)
〜メドレ〜

ずっとLOVE
愛を叫べ
LOVE YOU ONLY
君にHITONEBORE
アイアイ傘
おーさかあいあいあい
愛ing
Love so sweet

This is Lovesong
烈火(殺陣あり)
トライアングル
モロササイズ(愛はタカラモノ)

前向きスクリーム
MC
はぎちゃんの新楽器
侍唄(さなもろはぎ)
ワンラブ(あられお、キスマイのダイスキデス衣装)
Yes!(みゅうたろう)
Dye D
パリマニ
僕らのこたえ
superman(新曲)
しーせど
NO WAY OUT

Dream on

 

アンコ

レッツゴー
せぶから
SHAKE
CALL

ダブルアンコ
superman

 

セット

シンプルな田の字の横花道ナシ。マンションあり。

 

感想

すーごい楽しかった!

やっとらぶが作るライブってものを見ることができて嬉しかったし、ちゃんと好きでよかった。好きなやつだった。巧いとかすごいとかは語り尽くされてると思うので言わないし、らぶの歴史と思想をちゃんと追えてない私にはわかりっこないので割愛。

 

もうハイライトはダブルアンコで外周ダッシュしてセンステにとびこむみゅ、で一択ですけど、あーーみゅーさんの居場所ここなんだなーって目の前で見せられてやっと実感した。6人がほぼ集合した時、あれーみゅさんセンステいないなー?って思ったけどぜんぜん不自然な感じしなくて。だって今までみゅさんだけ動線違うとかたーーくさんあったじゃない?1人違う場所に立ってることに違和感をぜんぜん感じなくて。みゅーさんはあっちだーって普通に見てて。でも6人がみゅを呼んで、気づいたみゅさんが走り出した時に、あぁセンターステージに行かなきゃ、いまのみゅさんの場所は外周じゃないんだってわかった。そんでセンステに飛び込んで翔希かな?に受け止めてもらってるとこが、すんごいぴったりだったんだよね。あー美勇人くんの居場所ってここなんだって。

やっぱりわたしはみゅさんが場所を選んだことととか、色々腑に落ちてなかったと思う。頭でっかちでずっと勝手に嫌がっていた。でも目の前であのダッシュを見せられたらね、認めざるを得ないというか、それはそれ以外ではないんだと、Love-tuneの森田美勇人はそれ以上も以下もないんだとわかった。わかったから、やっとらぶのこと好きになれたというか、和解したというか。

そもそも今回の横アリに行くにあたってらぶを理解するっていうのがわたしのテーマでもあったから。らぶの単独に入るのはじめてだったので。クリエもEXもZeppも湾岸もぜんぶチケ神様に嫌われたので。だから、安井くん曰くベストアルバム的なライブは私にとってものすごい消化しやすいものでもあった。裏を返すと最近ファンになった人があれを見て楽しいか?って言われたらわたしにはわかんない。ただ自分が見せたい対象に含まれていたと思うだけで。でもそういう長年のヲタクとからぶとしての歴史とかを共有してる相手に見せるつもりで作ったんだなって感じがするから、そこの認識は本人たちとヲタクとで合ってると思う。Jr祭りというくくりの中でいわゆる古参ヲタ相手の構成を作ることの正しさは別としてね。

 

 

あと思い返してて一番思うのはらぶのライブって超特急のライブに似てるなーってことです。結局こういう話する。

なんていうか、思想が?俺たちの熱量に全部かかってる感じが?俺たちの心意気で全部なんとかしてやるって気概が?似てるのかな。この時間の良し悪しは自分たちの気合いで決まるって信じてるかんじが似てる。

Yesとかパリマニとか見れてうれしかったのが、幕張公演の時の気持ちと似てる。シャンシャンしたノーモアとか、クリスマスメドレーとか、たしかに見たかったけど別に見れるわけじゃないし、今このタイミングでここにいるのが自分というヲタクだから、という割り切りを軽々と超えて来る感じ。

わたしはらぶがらぶになったときどうしても素直に好きと言えなくて、どんどんかける気合いが小さくなっていったその分をもらってくれたのが超特急だという自覚があるんだけど、一年半経ってこうなってみると、今回のらぶ単独を楽しめたのは超特急の現場で培ったライブの楽しみ方があったからだと思う。もしやその時から今日思うことは決まっていたんだろうかってくらい、なんだか出来すぎている。でもやっぱりジャニオタじゃなかったら8号車になってなかったと思うから、どっちがどっちにもつられているっていうか、自分自身で引きずり合っているというか。

 

 

とにかく楽しかったよ!!という記録。

10年後またここで会いたい。

その時は今よりずっと笑っていたい。

美勇人くんを見ていればね、本当にそんな未来がある気がするんだよね。

 

 

2018/2

-現場
マタハリ

めっちゃ好きなやつ!3階席から見てもちえさんの華やかさがステージを圧倒しててすばらしかった。

•PERFECT V

あとでかけたらかく。

あいこんさんとRADIOFISHのターンが超楽しかったし、超ULTRA TIGERがしぬほどかっこよかったのでぜひどこかで放送してほしい。

Prizmax yoursリリースイベント

新宿マルイメン

初ぷりずさん!ちがうエビライぶりぷりずさん!めちゃめちゃかっけぇおもしろい。いじりが雑。

ららぽーと豊洲

こんな快適でスムーズなリリイベあるのか...本人もスタッフもヲタクも含めて仕事できる人しかいない、頭おかしい人がいない...すごいこれは...ストレス要因となるならば寒さのみ、という超快適現場でした。

 

 

-映画

•みせコド

年末に名古屋で見たぶり!やっぱりバースデーがミュージカル調になるところで笑ってしまうが。ケンティーの顔の説得力が相変わらずすごい。


-ディスク

•キスマイミューコロ

あー楽しかったなーって思い出し。OPのみゅさんの旗振りががっつり見れて幸せ。

•えび55/橋ソロ

なんつーお買い得パック...ぶるれいひとつ買ったらみゅさんの出てるライブ2つ見れるってどういうことなの?


-TV

アンナチュラルを楽しみに生きています。毎週毎週泣かせにくるのはやめてほしい。

 

-その他

アシックスのトークイベント

かけたらかく。

 

 

総括

おさぼりマンしててもう覚えてないな...スノボ旅で行った宿のごはんがめちゃめちゃ美味しくて感動した。

あとはじめての韓国!たのしい!エビ中のみれいちゃんの真似っこしてアイシャドウ買ってきた☺️

 

以上!2月!

 

 

愛してるだけじゃキミはたりない

1ヶ月ですってーーそんな感じ全然しない。

っていう記事を温めてまた1か月たってしまいました。いい加減下書きフォルダがカビそうなので公開してみる。楽しい話はひとつもないです。

 

 

続きを読む

The end for beginning 公演メモ

 

12/24,25 幕張メッセイベントホール

セットリスト*1

OP映像/Joy To The World/MyBuddy/Burn!!/超えてアバンチュール/口上//pretty girl/Kura☆ Kura/We can do it!(24日)KissMeBaby(25日)/White out/Snow brake/Unknown /MC/BREAK OFF/Drive on week/クリスマスメドレー/No more cry代々木Ver/ビリビリ/浮つきWAVES/バッタマン/挨拶/Fantasy Love Train 

EC/The end for beginning

 

衣装

①白黒サンタ(24日は奇数号車が黒、25日は偶数号車が黒)

②黒のテカテカ。ジャージ的なやつ。メンカラのライン入り。中は半そで

ツイード?格子柄?のカラースーツ。ロングジャケットでベストは黒。

アー写の黒光り衣装

 

 

 

12/27横浜アリーナ
12/30名古屋ガイシ

セットリスト
OP映像/The end for beginning/DoW/シーエク/スタギア/TimeWave/panipani/UnKnown/BC/すのぶれ/グラビ(トランポリン)/MC/ライオンライフ/Mybuddy/シェキバ/Burn!/超ネバ/走れ/gr8/バッタマン
EC 無礼講/超アバ/fanfare

 

 

 

2018/1

-現場
•The end for beginning 大阪城ホール

花組 ポーの一族

•帝劇ハピアイ

•WESTival静岡

 

-映画

なし

-ディスク

なし

-TV

 •アンナチュラ

ファイナルカット/となかぞ/99.9/ドメキス/もみ冬

-その他


総括

卒論を!だしました!無事に大学生活終えられそうで一安心。たぶんこれからのほうが真剣に勉強しなきゃだけどねーーもう学校に行く予定も卒業式までないし...寂しいなー学食食べ納めしてない。

 

16日からいままでは、ずっと低空飛行です。人生とは、ヲタクとは、ってずっと考えてた。こんな風に生きていていいのかなって。もっと誰かのために、そばにいられるような誰かのために生きた方がきっとしあわせだなって。悲しみを受け止められるようになることが大人になるってことなんだろうか。

来月の目標はちゃんと働くちゃんと遊ぶ!とちゃんと勉強する!

 

ほんとうの言葉と信じているんだ

 

 

もしも、もしもの話だ。究極の選択。

もう東京ドームに立つことは絶対に叶わない。その代わりに、また7人の超特急に戻れるとしたら?

コーイチくんはきっとイエスとは言わない。でも、いま、6人はこの選択を迫られたら、もしかしたら、受け入れるかもしれない。と私は思う。少なくとも8号車は考えに考えて受け入れてほしいという人もいると思う。

きっとズレってこういうことかなって。

 

超特急で夢を叶える、それ以上にきっと、奇跡の7人でこれからもずっと進んでいくことが、大事だったんだ。 本人たちにとっても、ヲタクにとっても。

 

コーイチくんは8人目のメンバーを受け入れる方にいた。もちろんバラエティの企画のなかだから、本心かなんてわからない。でも、擬態できるくらいにはその考え方が彼の中には確立されていた。その選択肢が存在しない人もいたと思うんだ。でもコーイチくんには、もし8人目が入るとなったら、7人じゃないとしたら、という想定が東京ドームという夢への道のりで出くわすかもしれない場面としてあったのかもしれないと思った。

 

 

根本にあるのは、普通か普通じゃないかって話。

自分は普通じゃないと思うか?

普通の人はまず、自分が普通じゃないかもしれないという想定を持たずに生きているのではないか、逆に言えば、その想定を持たずに生きている人こそ普通なのではないか。そんな話を8号車の友人とした。

もし、コーイチくんが、自分は普通じゃないと自覚していたら、本質的に違うと認識していたら?

ズレを埋める術がない事を理解していたら?

 

この年末年始に、超特急7人が特別なことをコーイチくんは何度も何度も自覚したのかなぁって。トレタリの収録で8人目が入るとしたら?という議題について話した時、ツアー中、ユーキさんの負傷で一瞬でもステージに6人になった時、城ホールで涙がこぼれた瞬間。

 

その特別な7人、奇跡の7人に、1人だけ異質な存在としていること。そういう認識があったとしたら?超特急が洗練されていくほどに、怖くなったのだろうか。少しでも異質な自分が現れたら、異質な自分が超特急の一部になってしまったら、それはもう奇跡の7人ではなくなるんじゃないか。

 

たった1年しか見ていない私でも、 7人が奇跡みたいなバランスでいたことがよくわかるから、特別な7人だからどんな夢でも叶うと思ったから、だからこそ、ズレてしまったということが手に取るように分かる気がして。

 

 

私の今の仮想敵は超特急。

私はコーイチくん側の人間だと思う。どう側なのかがやっぱりどうしてもうまく説明できないけど。そもそもぜーーんぶ憶測だけど。でも超特急に対しての思いも。むしろ1/8のトレタリを見たときのモヤモヤがここにきて理解まで降りてきてスッキリしてる。

 

TLでたくさん見る、なんで?って言葉たち。なんで?超特急ならなんでもできたのに、どこへでも行けたのに、あんなに素晴らしかったのに、7人が7人でいてくれさえすれば、仲間が大切なんじゃなかったの?

その全部が私には理由に見える。脱退という選択の理由。

7人が超特急であることが何より大事だったこと。何よりの幸せだったこと。7人じゃなきゃ終着駅にたどり着いても意味がない、そうとも思えるくらいの、特別な7人。それが超特急。

でもそんな超特急は、僕の超特急じゃなかったんじゃないかな。特別な存在になりすぎたんじゃないかな。一瞬でも揺らいだら、というか、一瞬でも揺らぐことなんて誰も知らないみたいな、どれだけ深く考えてもすごい7人、特別な7人。

そんな場所に一瞬でも揺らぎが見え隠れすることをコーイチくん自身が許せなかったのかなぁって。

 

これは本当に妄想が行きすぎてるとしか言えないんだけど、城ホのfanfareでコーイチくんは決断したのかなぁって。勝手にだけど。16日にメールが来た後、城ホで連番した友人とどうしても信じられないねって話した。城ホで泣いてたこーちゃんがもうやめるぞー最後だーばいばーいって思ってたようには見えなくて、だってあの時のこーちゃんは全力でコーイチだったし、夢が叶って本当に嬉しいんだなーーって私は本気で思ってたから。でもあのfanfareの涙が、最後の引き金だったかもしれない。そう気づいてからはもう、そうとしか思えなくなった。自然に溢れちゃったみたいな涙。堪える暇もなくこぼれ落ちた涙。そこまで自分の心が振れるような、特別な場所が超特急だって本気でわかってしまったんだと思った。限りなく愛おしくて、限りなく怖い存在になったんだきっと。ありふれた日常が奇跡に変わったその瞬間、今ここにある瞬間が果てしなく幸せだからこそ、そんな瞬間が現実になったからこそ、もうここにはいられないと思ったんじゃないかな。

 

 

こんな妄想を垂れ流してなんになるんだと、そう問い詰められてもきっと答えられないけれど、それでも。わかりたかったんだ。コーイチくんの歌が大好きだから。

 

 

 

いまのきもち3

って書こうとして1日が経とうとするころ、ついに待ち望んだコ―イチくんのブログが更新された。

コ―イチくんブログ書いてくれてありがとうね。

 

火曜日からの緊張と不安と混乱の日々を過ごしてきたけれど、今一番、穏やかな気持ちでいます。ブログを読んで、すごくすんなりと納得できたし、怒りはない。もちろんさみしいけれど、安堵のほうが大きい。なによりコ―イチくんがきちんと気持ちを、超特急に対する気持ちを綴ってくれたことが嬉しい。

 

ここからは本当にオマエダレな話をするのでもうほんとうに気にしないでって感じなんですけど、

私と一緒だったんだ―と本当にすっごく納得した気でいます。こーちゃんの気持ち全部わかる気がするくらい。いやそんなわけはないけれども。

私も昔、全部やめたことがあります。その時のことを思い出した。誰にもなにも言わないで突然消えるためには?と悶々と考えてた日々を思い出した。全く状況は違うだろうけれども、なるほどそれなら理解できる、ってストンと納得してしまったから、それ以外の理解の仕方はもうわからない。

大事だとかそうじゃないとか、そういう話じゃないんだよねきっと。超特急だから。奇跡みたいな7人だから。特別な場所だから。だからだ。それが全部の理由。だと思いました私は。

 

怖かったのかなって、きっと、怖かったよねーって。わかんないけどね、憶測でしかないけど。

ズレって決して現実の超特急が足りないってことじゃないと思う。私は。そう思ってこれからもいる。

楽しくて幸せな場所だったから。大好きすぎたから。それが全部だと思う。

こんなの勝手な解釈で、全然お門違いかもしれないけど、でも、私はそう思ったし、納得しました。誰も責めれられるべきではないと思うのは変わらない。

 

やめますってちゃんと言って、ちゃんと気持ちをブログに書いただけで十分、するべきことはしたと思います。いやわかんないけど。周りの人に死ぬほど迷惑かけたとしても、誰かを深く傷つけたとしても、それでも選択することはある、と私は思います。というか、そういうこともこれからどんどん実感していくんだと思います。実感した時に償いたいと思うのか、全部忘れようとするのかも自分次第。誰かに責められるかもしれないし、償いを要求されるかもしれないけど、それはヲタクであるわたしがすることじゃないし、他人が決められることじゃないから。

 

今はもう、本当に、楽な場所にいてほしいよ。好きなだけ食べて好きなだけ寝て、好きなだけ歌ってほしい。できればひとりじゃないといいな。頼れる人のそばで、一回おやすみ。世間の喧騒とか、ヲタクの憶測とかもなーんにも見えないとこで、まずは落ち着いていてほしいな。

それでもし、戻ってきたいなーってなったらきたらいいよ。見たいなーって思ったら見たらいいよ。そうやっていていけない理由はもうないよ。

 

コーイチくんの明日が豊かでありますように、といつも願っています。

今までたくさんの歌を届けてくれてありがとうね。

 

 

 

 

いまのきもち2

 

 

みんなのブログがあがってしまって、わーほんとうにほんとうなんだなーと、実感?実感なのかな。

昨日寝た時は、たくすけが最後の砦だったなーもしいまこーちゃんと連絡取れてないとしたら、たくちゃんはまだ諦めてないんじゃないか、とか妄想したり。友達だから、探し回って一発ぶん殴って、連れて帰ってくるんじゃないかって妄想。こんなマンガみたいなこと妄想できるくらいに私の頭いつも通り、なのか、いかれてる、なのか。

一つ前の記事を書いておいてよかったと思います。ほんとうに、12時間後にはぜんぜん違う気持ちだった。みんなの言葉が、いろんな想いを示していたり、なにか秘められている気がして、勝手に怖くなった。ぜんぜんわかんない。どうしてコーイチくんの言葉が聞けないのか、なんでタカシくんのもう一度歌いたいって願いが叶わないのか、わかりません。何度考えてもわからない。

 

私の夢は、東京ドームの客席が8号車のペンライトで埋まっているところを見ることで、超特急に見せることなので、これからもライブに行きたいしCDたくさん買いたいなって思っています。でも、私が1年前にそう願った超特急はもういなくなってしまったのかもしれないです。6人が作るものが足りない、ことはないと思う。絶対それは大丈夫。でもね、超特急7人て本当に奇跡みたいなバランスで美しかったからさ、その特別を超えていけるのかは、正直わかりません。いまのわたしには、わかりません。

それでも、東京ドームの夢が叶わないとは思わない。きっと大丈夫。大丈夫。6人が作るものだってかっこいいに決まってる。私は私の夢を叶えたい。6人も前を向こうとしているんだから、私も一緒に、って思うけど、思うけど、まだできるかわかんない。

時間が経てば経つほど混乱して。たぶん一つ前の記事を書いたときに私が想像していた筋書きはひとつだったけど、一日中Twitterに貼り付いてるといろんな言葉があっていろんな憶測があるから、ひとつひとつ間に受けてザワッてして、でもやめられなくて。なんか、やばいな。10分前の自分がなに考えてたかわかんない。

 

そんなぐらぐらの心だけど、今日私は帝劇に行きましたのですよ。まさか、まさかこんなタイミングで。King&Princeがデビューすると決まったこんな日に。なんという巡り合わせ。チケットの神様はスパルタなのか。なんなんだよ。

でもそんな日でもね、帝劇のステージはキラキラだったし自担はかっこよかった。かっこいいな!と思う私の心もちゃんとあった。それでやっと張り詰めていた心が一息ついたような、でもステージの上にはね、思い出がありすぎるね。たとえ違う場所でも。

 

 

全然まとまってないけど、記録。

 

いまのきもち

 

いつかくるのかもしれない、そんな風に考えたこともきっとあった、いつかは、今日になりました。だから気持ちを、書いてみようと。書けるときに書けるだけ。

 

 

自分が思っていたより穏やかに、この事実を受け入れようとしていることが驚きで、でもそれは裏返せばコーイチくんが脱退するという意味を、ちゃんと理解していないからかも知れません。友達とLINEしてて、城ホのライオンライフが最後だったのかなぁって言われて、あぁそっか、ライオンライフはもう聞けないのか、と気付いたりね。いやわかりませんけども。

 

涙は出ないし、悲しい気持ちや苦しい気持ちも小さめで、自分で驚いていて。昔もっともっと苦しい苦しいサヨナラがあったなぁって、こーちゃんよりずっと見た回数も少ないような人だったのに。

いま、悲しみが全部じゃないのは、満足しているからです。たぶん。The end for beginningというツアーの終わりは、わたしにとっても一つのピリオドだったから。年末のまとめ記事に書いたように、幕張で自分の中のひとつの理想にたどり着けたこと、城ホで夢が叶った瞬間を見られたこと、それらは、わたしの中でひとつの完結だったから、あぁわたしの気持ちだけじゃなくてストーリーも一回終止符が打たれるのかと、やけに冷静にしているのだと思います。

2016年のクリスマスイブに、初めて超特急のライブに行きました。そのときコーイチくんは泣きながら挨拶をしていました。僕にとって超特急は未来ですって言いました。僕をそのペンライトで照らしてくださいって言いました。

だから、私はこの1年間ペンライトを振ってきました。私はカイくん推してるから青ペンラだけど、できるだけたくさんの場所で、超特急が好きだから。コーイチくんがいる超特急が好きだから。コーイチくんが気持ちよく歌えるように願ったりもしながら。その先にあったのが、大阪城ホール公演だと信じています。コーイチくんが、未来だと言った、その超特急が掴み取った大阪城ホール。コーイチくんの、吉野晃一としての夢が叶った場所。そんな時間を一緒の空間ですごせて本当に幸せだった。心から、夢が叶ってよかったねって思いました。わたしが1年間コーイチくんを思ってきた気持ちはこのためにあったなーって本気で思いました。コーイチくんの涙から始まって涙で終わった、素晴らしい、出来すぎたくらいの物語の結末として完璧だった。完璧すぎた。完璧すぎることをどこかで私は知っていたのかもしれません。だから取り乱さずにいられるのかもしれません。いまは、こんな完璧すぎる物語に出会えたことを感謝する気持ちが大きいんだよね。これからのことよりも、今までコーイチくんにもらったものの大きさを再確認している気がする。

 

去年の24日に幕張で最初にみた、超特急の姿も、ボーカル2人のアカペラコーナーも、美しすぎて、忘れられない。この世のものじゃないみたいに、美しかった。夢みたいだった。

それが本当に夢だったんだなーーやっぱりなーーあんな綺麗なものがいつでも見られるわけないよなーずっとあるわけないよなーーってやけに納得しています。本当にあの時の超特急はめちゃめちゃにかっこよかった。だから、いままでが夢だったんだよって言われてもなんか納得できるし、いやできないけどね、でもそうかぁって、思えるくらいに綺麗だったんですよ。あれだけ綺麗なもの見れたからね、もうその先は私が選べるものじゃないっていうか、もう何も言えないっていうか、言う必要がないっていうか。

でもいっこだけ、後悔があるとしたら、東京ドームの客席を見てほしかったよー。ぜっっっったいに綺麗だから。8号車のペンライトで埋まる5万5千人の客席。わたしの夢はそれを見ることだし、超特急に見せることだった。コーイチくんにも、見せたかったよ。

 

コーイチくんのこと大好きです。歌声もダンスもお顔も、アヒャヒャって笑い声も、ツッコミもボケも、わりとよく言い間違うとことかも、あと美味しそうにご飯食べるとこ。

 

だいすきだけど、でも絶対ゆるさないよ、リョウガさんにあんなこと言わせたのゆるさないし、城ホで一人だけ泣いたのもゆるさないよ、こんだけ色々書いたけど、ぜったいゆるさないよ、私の夢叶えられなかったことゆるさない、ゆるさないよ、きっとみんなも、誰もゆるさない、ゆるさないから、

あなただけは、コーイチくんのこと許してあげてください。

 

 

 

 

怖れ捨て、今

The end for beginning全5公演お疲れ様でした!

いまは大阪からの帰路で、家に着いたら本当にツアーが終わってしまうので先にまとめを書いて、現場ロスにせめてもの抵抗をしようっていう魂胆だよ!書き終わるかな!

 

昨日の城ホ公演ほんっとに素晴らしかったです。城ホが年明けで、ラストでよかったし見に行けてよかった。

 

ツアーが始まる前は、この2週間がこんな角度に濃ゆくなることを想定していなくて、クリスマス公演で度肝抜かれてエンドとビギニングの意味を理解したつもりになったのも予想外、横アリであんなに幕が開くのが怖いと思うのも予想外、名古屋で7人じゃない超特急を見るのも予想外、城ホであんなに涙が出るのも予想外。ぜんぶぜーんぶ予想外でした。私が思っている以上に超特急は最高で最強で、ドラマチックで、設定詰め込みすぎかよ!ってくらい、漫画みたいに夢のレールを進んでいる。

何度も同じこというけど、私は超特急7人がかっこよくて、やさしくて、絶対に楽しいステージを作ってくれる人だって知っている。何時間見たって飽きないくらい顔がかっこいいことも知っているし、ダンサーの踊りが洗練されていることも、ボーカルの歌声が表現豊かなことも知っている。素晴らしい楽曲ばかりなことも知っているし、客席のコールとペンライトがとっても綺麗なことも知っている。それでも。

それでも、毎回度肝を抜かれて、震えるくらいの、パワーと熱に満ちたステージがそこにある。

最高の場所だって知っている。そういう心持ちで行く。なのに、そんな心構えをさくっと飛び越えて、とてつもなくかっこいいものを見せつけられる。そんなことってある?私はほかにそんな場所を知らない。

 

超特急が持つパワーは、尽きることを知らないし、まだまだたくさんの可能性を秘めて、これから先もどんどん進んで行くんだってよーくわかった2週間でした。この出来すぎだって言いたくなるような壮大な物語はまだまだ終わったりしない。

そんな人たちと、同じ時代に同じ場所で生きてるなんて本当にわたしはHAPPYだよ!

 

 

ほんとうは、正直に言うと、この2週間を通して自分がどんなにこの完璧なストーリーに飲み込まれているかが嫌というほどわかって、少し怖くなった。横アリの開演前は本当に、不安で不安で息ができなくなるくらいで、ふつーに苦しくて、あんまり覚えてなくて。だってまさかの出来事だったから。でもそんな風になるなんて、自分でも驚いたし、ちょっと引いたし。自分が呑まれすぎていて怖い。いつか本当に息ができない時が来る気がして。好きになると、逃げてしまいたくなる。幸せであることに呑まれているとわかると怖くなる。こんなに自分がドンピシャで好きになれるものに出会えたことは特別だと思うけど、特別すぎるからこそ、どう接していいのかわからない。こんな最高な人たちを、ちゃんと見ていたいんだけどな。

 

こんなこといってても2月の横アリのチケットとったし(笑)現場は行くんですけどね。やめられはしないです。楽しいから。でも、自分の心持ちのやり方を考えようと思ったというか、ほんとにまさかだったからさーー。超特急がいかに最高かを深掘りするついでに自分の頭の中も深掘りしてしまったのだよ...

 

でもね本当にやめたりはしない。絶対東京ドーム行きたいから。私が。ひとの夢が叶うところ、とっても好きなんです。大好きな人の夢が叶ったその瞬間を見られることって人生でもそうそうないと思うんだよね?そんな特別な時間を過ごしたいから。昨日コーイチくんとタカシくんを見ていて改めてそう思いました。

 

 

 

ということで!もうすぐ家に着くので!まとめおわり!(笑)ぜんぜんまとまってない!

ほんとうは1公演ずつセトリとかレポ的なのとか気持ちとか下書きいっぱいあるんだけど、またいつかですね。書けるかな。

 

The end for beginning 全5公演おつかれさまでした!こんなに最高で最強のライブをありがとうございました。いっぱい書いたけど、一言で言うとめっちゃくちゃに楽しかったです!!

超特急も、スタッフさんも含めみーーーんな!お疲れヤーマン!ゆっくり休んでね!

 

 

 

2017年納め

 毎年恒例の現場記録です〜

 

•1月(5)

なぅえすと(2)/超新年会(2)/ジャニアイ

•2月(1)

トクフクコネクト

•3月(3)

いちフレトーク/ZIP春祭り/むちゃブライベント

•4月(9)

Jr祭り/高崎映画祭/超特急フリラ/超ネバ2ショ会(6)

•5月(3)

新世界ロマンスオーケストラ/超ネバ2ショ会/テルネロリリイベ

•6月(2)

TNE(2)

•7月(17)

兄こま舞台挨拶/TNE(2)/ハローグッバイトークイベ/サマステ/RENT/東京喰種舞台挨拶(2)/まいばでハイタ会(9)

•8月(10)

東京喰種トークイベ(2)/エビライ/ゲーム実況中公開収録/まいばでハイタ会(2)/キスマイMC/めざライ/ロンドン写真集トークイベント/超フェス

9月(2)

ガルアワ/MAD CYCLONE

10月(3)

恋はタイミングリリイベ/Tスプ/勝手にふるえてろ舞台挨拶

11月(6)

オリフェス/ヘルプユーリリイベ(4)/中丸君の楽しい時間2

12月(5)

アルフィー冬フェスタ/The end for beginning(4)

 

合計で66!

特典会などを抜いたライブ現場は30

ジャニーズ7超特急20その他3

ライブじゃないやつは36

舞台挨拶が9、特典会は24、イベント系が3

半券の数ベースで数えてます。(特典会とかどうカウントしたらいいかわからん)

 

去年は現場が31だったのでそこだけ見たら減ってるんだな...でも特典会とかめちゃめちゃあったしたぶん毎月なにかしらの現場に行ったのは初めてなので、この4年間で一番いろんなところに行った感があります。カイくんの現場がなかったのは5月だけ...毎月なんやかんや推しに会っていたのだな...我ながらすげぇ...いや違いますねカイくんと超特急がすごいです。働きまくり!

 

•会場別

横浜アリーナ(4)/豊洲PIT(4)/帝劇/ニューピアホール/TDCホール/品川インターシティホール/さいたまスーパーアリーナ/代々木第二体育館/東京グローブ座(2)/和歌山市民会館/日本武道館/名古屋国際会議場/神戸こくさいホール/シアタークリエ/国際フォーラムホールA/幕張メッセ展示場/真駒内アイスアリーナ/パシフィコ横浜/幕張メッセイベントホール(2)/名古屋ガイシホール

 

今年は初めましての会場がいっぱい!半分くらいは初めてのところかな?あとほかにも豊洲ららぽとかサンシャイン池袋とか五反田とか流通センターとかいろいろ行きましたね。でも日生に行ってないし、なんと今年は東京ドームに行ってないんだよね...まさかの...来年はドーム行脚したいな。ばかでかい会場で騒ぎたい。

 

今年のベスト現場は!!ドドン!!

超特急The end for beginning幕張メッセ!!

 

予定調和感がすごいですけど(笑)いま思い出しても最高だった。セトリ、衣装、構成全部、顔が爆盛れだったこと。自分でもびっくりするくらい開演前に緊張して、そしたら本人達もめっちゃ緊張してそうな顔つきで出てきたこと(笑)思い出いっぱいです。

次点はSTNE武道館です。OPのリフター板付きがちょっともう天才だった。私の好きを知っているのか君たちは。武道館で初めてあっこれ東京ドームでできますねって思った。初めて視覚的にドームサイズでやってるところのイメージができた。その前提があっての幕張メッセでさらにあっこれも東京ドームでそのままできますねって。

売れるの定義も、人気グループの定義も、プロの定義も、完成度の定義も人それぞれ色々あると思うけど、夢は東京ドームと公言しているグループとして正しすぎる成長の仕方というか。本当に信頼しかない。こんな隙のない楽しいと幸せを知ることができて本当に幸せです。

 

ジャニーズ現場のベストは、うーーんやっぱなうぇかなーー安心と信頼のWESTクオリティ。また最高のライブOPを更新されてくやしい。

マイベスト美勇人くんはミューコロの番傘ですかね。美しかった。全体的にキスマイのときはぜんぶ美しかったけどな。

マイベスト!とか書くほどジャニ現場いってなくて笑う。みゅさんの現場も。いまだにらぶ単独(未)なのやばないですか?来年こそは徳を積んでチケットの神様に認めてもらおう。でもみゅーさんLA留学とか今年の話だと思うとやばいっすね。濃いな。モデルデビューもだし、映画撮影で北海道に来てたのも今年だもんね。

今年就活前と後で記憶が分断されてる節があって、早い早い言ってるけどいろんなことがあったなぁ。来年も帝劇に映画に楽しみなことがすでにたくさんなので、だいぶゆるっとではありますがかっこいいところたくさん見られたらいいなと思います!

 

今年一年はずっと8号車としてのスタンスを馴染ませていく、みたいなところがメインだったなー1月2月とかにあんなにドキドキしながら現場いってたのが懐かしい。最近はもう玄人みを出す技を身につけたと個人的に思っています(笑)別に玄人ぽさ出さなきゃいけないってわけじゃないんだけどさ。

逆にジャニヲタの仕方は忘れがちというか、急に現場行かなくなって感覚を忘れがちというか。意識的にすごく減らしたなってわけじゃないんだけどね、気づいたらこんな感じでした。

 

こんなふうに年納めって言っても27からの日々が緊張でできてて、あんまり振り返りのモードじゃないんだけど、24日25日で見た超特急の姿が私の中でひとつの完成形でした。私の理想のアイドル•アーティスト、理想のライブ、自分が理想とするヲタクであり観客であること、全てががっちりハマった瞬間だったなって思う。いい意味で裏切られたし。私がずっと信じていたことを、超特急が覆してくれた。大きくなるということは、売れるということは、イコール捨てる力だとずっと信じてきたのね。捨てるというと語弊があるかもだけど、大事なものだけを選ぶ力。でも大事なものがたくさんあるときは、それを全部抱きしめていてもいいんだって、教えてもらった気がします。それは不可能なことじゃないと。超特急は実際にやってのけている。現在進行形で。それを目の当たりにするたびに心が震えるから、やめられない。ずっと見ていたいです。

 

こんな現場を経て年納めができるのを本当に幸せだと思います。大学4年間ヲタクやりきるぞ!って思って東京に来て、こうやってひとつの完成形にたどり着けたのが嬉しい。心置きなく社会人になれそうです。超特急を知ることができてよかったし、ジャニヲタじゃなかったらきっと8号車にもなってなかったから、全部の時間が今の幸せを思うために必要だったなって思えます。

だから、だから、27日からのこのもどかしさとか、無力で悔しい気持ちとか、涙をこらえた時間とかも、全部、いつか越えるべき試練だったと思える日がくると、信じています。少なくとも、ユーキさんも超特急もそう思えるような明日を進んで行く人たちだと信じています。こんなこと言うのはヲタクの勝手でしかないけれど、でも、信じているから、ペンライト振るし声出すだけ!!!

 

 

2017年、みなさまお世話になりました。たくさんの現場でハッピーを感じて、いま!自分の心が!動いた!!って思う瞬間が本当に好きでした。来年もたくさんの場所でいろんなものを見て、そこでしか感じられない思いを探しに行きたいなと思います。1年間ありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いします!良いお年を!!

 

さぁ!カウコン見るぞ!かかってこい重大発表!

 

 

 

 

2017/12

-現場

•冬フェスタ(THE ALFEE)

武道館!!たのしい!!これもすべてオリフェスのせい!笑 

どちゃくそかっこいい感じで本編が終わるのにアンコはじまったらペンラがにょきにょき出てくるのまじでお腹痛かった。さらに振りが揃っている...本人踊ってないのに...みんなどこで振り入れしたの...笑

 

 •The end for beginning 幕張メッセ

ちょーーたのしい!かっこいい!プロ!!こんな圧倒されると思わず。結局なにがendでbeginningかはわかんなかったけど、私にとってはひとつの超特急の完成形と新たなスタートが見えたので、ものすごく満足した。表現者のプロとしてまたひとつ上のステージに上がったような気がしました。

•The end for beginning 横アリ

ちょっともうあんまり覚えてないので割愛...いやーほんと後にも先にも現場であんなに怖い思いすることはないと思う。でもやっぱり横アリはだいすき。

•The end for beginning 日本ガイシホール

初めましてガイシホール!めっちゃでかい!外から見てもめっちゃでかいし中入ってもめっちゃ広くていい。リョウガさんもここドームかな?って言ってたしね!天井高いと高まるよね!名古屋メシうますぎるし楽しい。

 

 


-映画

未成年だけどコドモじゃない

面白かった!やっぱり尚くんすきぴだわ。漫画原作だしってハードル下げて行ったけど、ちゃんとしたお話だったし原作からの改変も映画的な感じで良かったと思いました。祐奈ちゃんの顔がひたすらにかわいい。


-ディスク

なし


-TV

なし


-その他

ソフトサンティアさんのお仕事!お目目うるうるすぎて感動した。ちょうど情報解禁の日に目薬を欲してたので秒で買いました。

あとasicsのHELLO MEの5話めっちゃよかった。ギター持ってるカイくんもトイレでしんでるカイくんもオンナからのLINEみてうなだれるカイくんもめっちゃ高まるわ。

 

総括

 こんなにしっかり現場納めたの初めてかもしれない!年末年始にかけて移動距離がすごい!とりあえず実家に帰るミッションを完遂します!2017年もお世話になりました😊来年もよろしくお願いします😊

 

 

2017/11

-現場

•オリフェス

ちょーーー楽しい!!こんなに満足度の高い現場とは!!まずパシフィコがよきだな。綺麗だし広いし天井が高くていい。まず大前提としてみなとみらいがいい。現代的なのに海近くて落ち着く。遠いからあんまり行かないけど。

超特急が一番手なのは事前発表済みだったのでワクワクしながら待ってたんだけど、シルエットの時点で見たことない衣装だし、聞いたことないイントロだしおおおおお???ってしてたらパロディだった(笑)壮大なフリだった(笑)でもユーキさん振付の星空のディスタンスめちゃめちゃかっこよかったからどっかで放送してください(>_<)もう一回見たい(>_<)

タカシくんが全体的にけだものモードというか、アンニュイモードというか、しぬほどかっこよくて終始びびってた。最初元気ないの?と思ってたけどそういう感じでもなかったんだよな。タカミーさん役で緊張してたのかしら。

MCのときぽんかい居なくてなんかの仕込み?と思ってたけどそのまま戻ってきてトラブってたのかな??と不安になってたんだけど、戻って来る2人がなぜか手繋いでていちゃついてたから菩薩の笑みになりました☺️すぐイチャイチャしない☺️

SPYAIRさんロックな見た目の割に喋り出すとぽやぽやしててかわいい。みゅ担としてバンド見るとベースに注目しちゃうんだけど、ビジュアルのインパクト強すぎて音が探せない...(笑)

最後のプレゼントコーナーでこーいちくんが飽きちゃって無になってて可愛かったです。まだおしごとちゅうだよーもうちょっとだけがんばろうねーー 

超特急がいつも通りかっこいいの大放出だったのは間違い無いんですが、とにかく!THE ALFEEがはちゃめちゃにかっこよかった!あんなにかっこいいおじさんたちいるの?ってくらい。演奏も歌もめちゃくちゃパワフルでオーラがすごいのにしゃべりだすとすごい無邪気っていうか楽しそう…40年以上一緒にいてそんな仲良しってすごい…年2回もツアーしてるって聞いてびっくりしたしCDも今年は2枚?出すって聞いてびっくりしたし、もう、パワフルすぎてびっくりした。ごめんなさいもっと大御所的な、ドーーーンみたいな感じを想像してたから本当にびっくりした。

 

•中丸雄一の楽しい時間2

どんなものや??と思ってワクワクしながら行ったんですけど大満足!中丸くんかっこよい!!好感度あげたい中丸くん好きしか。なのにずっとコント的なことをやりまくっている。それでも最後に来るのがレーザーガンガンのダンスセクションだっていうのがな。やりたいことだけやりますって舞台であのコーナーやるのが本当に信頼しかない。

 

•さとり少年団 ヘルプユーリリースイベント

池袋(11/4)

たのしい!なんだこれは!! エビライでかっこいいなと思ってリリイベの機会ねらってた。えびだんてやっぱりイロモノ感が強いというか、ニッチ産業だと思っているんですけど(笑)、さとりからは王道っぽさが感じられて、それが逆に新鮮で。文句なしに歌もダンスも上手くて、いい子達で、曲も好きだしもちろん顔も好きだし!ヲタクの雰囲気もヤバくないし、なんて快適な現場...

町田(11/18)

町田初上陸した!ぼっちだったし体調的に絶不調だったのであんまり記憶がないんですけど(笑)やっとBREAK ME DOWN聞けて嬉しかったのと、ずっとIROTAS連呼してて可愛かったなっていう感想。当初の予定では握手会デビューして、明日もくるねーー。って認知オタごっこしようと思ってたんだけど絶不調により断念。

 新三郷(11/19)

始まる前に友人とリリイベもちろん楽しいけどワンマン行きたいーがっつりさとりだけのための空間で歌とダンスに浸りたいーという話をしてたからサプライズお知らせ来た時ブチ上がった!!うれしみしかない!!今から3月が楽しみです!!結局握手デビューできなかったけどサイン会デビューはした。颯斗くんいい子だけどちゃっら!爆モテDKを体現してる…コミュ障が一言しゃべりかけるだけなのにめっちゃしゃべってくれる…1聞いたら10返ってくるタイプのいい子…すきしか…


-映画

ミックス。

面白かった!こういう映画大好き!!ガッキーは正しくかわいい。さのきゅんが役者としての経験値をガンガン積んでて慄いてるよ…しゅごい…

 •一礼して、キス

ゆきくん!!!かっこよ!足が長い!!タカシくんめちゃめちゃにかっこよくて大満足だったけど、映画としては…ひたすらチューしてるやん…なんだったんだ…そりゃタカシくんも刺激的っていうわ。


-ディスク

•愛す。

あとでかく

 

•なうぇすと
たーーのしい!なうぇこんな楽しかったっけ?って思うくらい。いや楽しかったんだけどさ!神ちゃんのトランペットブチ上がるな!あと愛す。から続けて見たからユアマイがほわいらすぎて笑った。私が思ってた以上にのぞむちんセンター曲だった!

 

•じゃんぷさんの歴代ディスク

時間の関係上矢印コンからDEARまでを1時間少々でかいつまんで見ました!ごめんなこんな荒技で!私が見たいのがミスヴァとYESで友達が見せたい!って言ってくれたのがありやま曲と7メドレーだったのでこんなことに...(笑)

 

•STNE武道館

パセラの100インチスクリーンで見たよ...かっこよすぎてひっくり返りそうになりながら...やっぱり私は武道館が大好きだしはちゃめちゃに楽しかったなあって。

 

総括

卒論やるやるいいながらだらけてしまった11月…いよいよ!12月がくるよ!!

 

 

2017/10

-現場

•T-SPOOK

ハロウィンイベント初めて行った!仮装はアリスでした。カラースプレーも買ったしけっこう気合い入れた!最初で最後の仮装かなって!

ただ雨がやばくてねぇ…大変だった…コールするたびに雨を飲んでしまう…(笑)でもクソ寒い中パレード開始待って待って待ってるとき理事長のツイで仮装見た時は笑い転げました。毎年のことだけど気合いいれすぎ。大好き。


-映画

•ハローグッバイ

キネカ大森でおかわりしてきた。何回見てもやっぱり泣いてしまう。やっぱりやっぱり最後の方の悦子さんの家の前でバイバイするところが好きだな。

 

勝手にふるえてろ

東京国際映画祭で見てきました〜舞台挨拶も!匠海くんかっこよかったし、たくみくん!!って感じのスーツが似合っててよかった。上映前の舞台挨拶で匠海くんがイチは冷酷なやつだっていうのでどんなもんかとドキドキ見てたんだけど、思いがけず龍二くんがかっこよすぎてあんま入ってこなかったよ...(笑)公開前にネタバレまずいと思うので書きませんけど龍二推しは絶対に観に行ったほうがいい...尺の問題ではない...

舞台挨拶で監督のお話とか茉優ちゃんのお話とか聞いてたから構えてたのもあるけど、うーーん、”ヨシカ的な女子”があまりにも自分に近すぎて逆にしんどかったというか、近すぎる分、フィクションとしての部分やラブコメ的な部分が重くてだな...現実が甘くないことを刺されたというか...映画としては面白かったけど後味があまりよくないです....でも茉優ちゃんはかわいい。あと二がすごい好き。渡辺 大知くんすごい。ヘタレな顔してたと思ったら急にイケメンになる。でもかわいらしさあって。出てきた人の中では二が1番好きだったなぁ。

 

•先生

すずちゃんかわいいいいいい!!伊藤先生も、そりゃね。という気持ちになる響のかわいさ。いやでもな!なんかな!こんなうまくいっていいのかよ!と。チャラついた大学生じゃねんだからよ先生、とイラつきながら見てたらコースケ?竜星くんがぶん殴ってくれたからスッキリした。竜星くんはまた当たり役ですね\(^^)/ぶきっちょいいやつみたいなのほんと似合うよね。あと葵ちゃんもかわいい。予告でも流れてるセリフくるってわかった瞬間からぼろ泣きしてしまった。まっすぐわがままで大好き、ちぃちゃん。

 

 

-ディスク

•愛す。in wonderLand

まだ開けてないからこんどかく


-TV

VSにさのきゅんがでた!すごい!ステゴーが好きな話とかしてた!すごい!!という喜びとともになぜ松尾さんは出してもらえなかったのか...という悲しみが...。


-その他

 みゅさん誕生日✨おめでとう✨5年連続のパンプキンケーキ!今年は見栄えより味にこだわったので満足です。めっちゃうまい。われながら。あとひっさびさにジャニショ行って写真買いました。なんかドキドキしたけどやっぱり楽しいね。

f:id:yk-924:20171101004359j:image

 

あとね!初めて富士急に行った!!戦慄迷宮!ひーくんが泣きながらドリブルしてた戦慄迷宮!大人数で入ったからそんなに怖くなかったけど1人はやばいわ...

 

-総括

卒論に追われてヒィヒィ言ってたら10月が終わった感はありますが。遊びもしたし映画も見れたし現場もあったし、いいバランスで動けた一ヶ月だったかなーと思います。

 

 

どんな場所にだって行けるよ

森田美勇人くん22歳のお誕生日おめでとうございます!!\(^^)/

 

22歳だって!はっや!!毎年言ってるけど!特にこの1年はめちゃめちゃはやかった(私がジャニヲタをサボっていたので)

21歳の美勇人くんのお仕事を見たのは、ジャニアイ2回と、Jr祭りさいたま、キスマイ横アリ!去年の半分くらいでしょうか…(笑)今年は本当にチケットに恵まれなかったのでゴニョゴニョ…。そんなことは置いといて、今年もたくさんのステージに立っていた美勇人くん。ほんとすごいよね?お誕生日のブログ書くの5回目だけどさ、毎年毎年お仕事いっぱい!って書けるのすごくない?当たり前のことかもだけど、当たり前のことを当たり前にやってるのってすごい。

それを自分が見れることも当たり前のような、毎年のルーティンみたいになってたけど、今年はそうもいかず。見れないことが積み重なってモヤモヤになっていった。と自分では思って、いやあえて思い込んでいたけどほんとうのモヤモヤは別のところにあったのかなぁ。

事の発端はLA留学でした。いや正確にいうとLAに行ったことはもうすごいの一言で、本当に私の想像なんて軽々飛び越えていく人なんだってすっごい嬉しかったけど、最初、少年収をお休みしたっていうのがどーしても許せなくて。今思えば小さな事かもしれないんだけど、その時は素直にすごいって言えなくて、みんなすごいすごいって言うけどほんと?って、勝手に疎外感感じて。

でもそう思ってしまった自分にも幻滅して。ずっと、踊っててほしかったから。踊りだけじゃないことにイライラしてるだけだって思い込んでたのに、真剣に踊りを学びに行ったことも受け入れらないなんて、じゃあ一体なんだったら心底嬉しいんだよって。本当に困ってしまった。自分の心の持ち方がわからなかったのです。でも現場に行けばかっこいい姿は絶対に見られたから、そのうち悩むこと自体やめてしまって、まぁなるようになればいいやと思っていた。その矢先、トドメ的にズシっときたのは夏のこと。

正直に言うけど、どうしても、どうしても許せなかったのです。もうこれからずっとトラジャじゃない美勇人くんなんて想像できなくて、美勇人くんがもうずっといないトラジャも想像できなくて。私が美勇人くんの顔を覚えた時からずっとTravisJapanの森 田 美 勇 人だったから。

自分でも何が嫌なのか、選んだことが嫌なのか、選んだ方が嫌なのか、ぜんぜん分からなかった。けど、これからちゃかちゃんやんちゅさんのおにーちゃんは誰がするの?って思ったり、1番許せないって思ったのは帝劇の千秋楽。本当のことなんて永遠に絶対に私が知ることなんてないけど、でも想像してしまったことが、想像できてしまうことが悲しかったし悔しかった。でもこんなの私が勝手に怒ってるだけで、みんなが本心でなにを思ってるかなんて私は知らないから、美勇人くんも、トラジャの誰も悪くなくて。それはわかってるんだけど、でも悪くないからこそ自分の気持ちをどうしていいのかわからなくて。じゃあいっそ、モヤモヤごとどっかに置いてきた、つもりでいたけどそんな上手くは行かず。

で、ある時気付いたんだよ、絶対に許せはしないこと。私は美勇人くんが賢くて聡明なひとだって知ってる。いつだって真剣にステージに向き合うひとだって知ってる。全力でアイドルを全うしようとしているひとだって知ってる。そんな人が今選んで示しているものは、ものすごくちゃんと考えられた選択と行動なんだよ。きっといきあたりばったりじゃないし、一時の気の迷いとかでもない。きっと考え抜かれたものだから、隙があったりしないし、覆ったりもしない。それを”許せない”と思うなら、もうそれはそう思うしかないんだなって。

それが分かった瞬間は、すごく悲しかった。もう美勇人くんをキラキラな気持ちで見ることはないのかなって、思ったけど、でも少し考えてみると、そこまで分かったなら割り切って楽しいだけ、好きだけを考えればいいんじゃないかってそう思えた。悲しいものはいくら考えたって悲しいもん。許せないことと好きかどうかは繋がってないなって。いやたぶん繋がってるけどね(笑)でもそう理解したら自分の中にストンと落ちて、フラットな気持ちになったんだよ。いろんな環境のことを美勇人くんを好きといえない理由にするのはやめようと思った。というか、環境のせいにして考えようとするからずっと納得できなかったんだなって思った。ずっとスッキリしかたかったから、もやもやから抜け出せてすごく、うれしかったです。

それがちょうどLove-tuneLIVEの前日くらい?(笑)そんでグッズ買いに行く気持ちにもなれて、でもあいにくの雨で(2日目だった)。寒さを耐え忍んでやっとグッズ売り場にたどり着いたとき、ちょっと泣きそうになったんだよね。あったかいところに来れたってだけじゃなくて(笑)、美勇人くんが一生懸命考えてデザインしたTシャツをこれだけの人が求めてて、しっかり見本も展示されてて誘導のスタッフさんも販売のスタッフさんもたくさんいて、みんな満足げな顔でTシャツ買っていくその光景が、すっごいうれしかったんだよなぁ。目にわかる形で価値があるものだってよくわかったからかなぁ。もちろん、全員が美勇人くんがデザインしたから買いに来てるとは思ってないよ。もちろんわかってるけど。それでも、すっごいうれしかった。雨降りのクソ寒いなか待ち続けたその先に、自担がデザインしたグッズが待ってるってなんて幸せなんだろうって。制限めいっぱいTシャツ買ってくらぶ担もなんだかかわいかった。初めての気持ちで、すっごく嬉しかったんだよーー。

 

そんなこんなで(笑)こうやって心からお祝いできる誕生日を迎えられてよかったです。ほんと、どーしよーって感じで、自分でも収拾つかなくなってたから、また美勇人くんのこといっぱい見たいなって思えてよかった。

 

改めて、22歳のお誕生日おめでとうございます!いーっつも言ってるけど、見たいものは全部見てほしい、行きたいところには全部行ってほしい、そう思うのは今でも変わりません。こんだけつらつら書いてちょっと矛盾してるかもだけど(笑)私がぶれぶれだとしても、美勇人くんが一貫してかっこいい人であることは変わらぬ事実なので!軽率にかっこいいとかわいいを叫べるように努力しようと思います。

この1年にどんなステージが待ってるのか考えるだけでワクワクする!!

 

 f:id:yk-924:20171101001755j:image

 

22歳の1年もたくさんのハッピーが訪れますように!映画楽しみだよ!!

ほんとにほんとにおめでとう💕

 

f:id:yk-924:20171101001857j:image

 

 

2017.10.31