読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなだけ!!

書きたいことを書くところ

やっすーはぴば!!

Jr anniversary

やすいけんたろうくん23歳のお誕生日おめでとございます!!

とても140字に収めきれなかったのでつらつら安井くんのこと書こうと思います。

 

安井くんのことを考えるとどうしても真面目な話というか深刻になっちゃうというか、安井くんの今や未来を考えることは私にとってそのままJrのあり方を考えることになってしまうので、どうしても重くなっちゃっていつも挫折してしまう。でも今日はなるべく安井くんのことだけ考えて、純粋にアイドルとして彼をステキだと思う人間としての言葉をのこしたいなー。

 

安井くんのどこが好き?と言われると即答できる言葉はないのですけど、私にとって彼は結構長い間特別な存在である人です。最初に彼を認識したのはキスマイ代々木の茶封筒。やっぱりあの映像は私にとって特別なものだし本当に印象深いものなのでそこにいた安井くんがなんでか特別な存在になったのはよく考えれば当然の結果なのかなー。次にちゃんと見たのはキスマイミントコンの札幌公演。この時に私にとって「絶対に成功してほしい人」になりました。本編ラストのはけ際にバックのJrみんながラフに手を振る中、深々とお辞儀をする姿がほんっとうにきれいだったから。成功しなければいけない人だと直感で思った。たぶん、生の現場で何かを見てはっきりとなにかを思うという経験が初めてだったので、こんなにも印象深いんだろうなー。

それから1年後くらいにちゃんとJrを見るようになって、好きな子がたくさんできて、安井くんももちろんTV出てたら見たい雑誌出てたら買いたいっていう人であったのですが、それ以前の私にとっての彼の位置づけがほかのJrの印象とうまく合わさらなくて、いつまでも全然別のところで印象が膨らんでいる人でした。ていうか今もそう。だから人と比べられないし、順位をつけられない人です。それが私にとって彼への印象が複雑になっている原因でもある。

 

安井くんの魅力は本質がわからないってことだと思ってます。約1年くらい彼をTVや雑誌で見てきたけど、いまだにどういう性格の人なのかわからない。人に対してどういう風に接する人なのかみたいなことはたくさん見えるのに、本人の根本というか素みたいなものがいまだにつかめません。でもそれは私が普段Jrをまとめる役割としての視点からしか安井くんを見てないからだと思う。でもそうしてしまうのは彼だけをよく見ても結局わからない気がするからだとも思う。

というか、私たぶん集団の中でバランス感覚よく居られることにあんまり興味ないんだよね。もしそれが固定グループなら話は別なのですが、根本に成功してほしい、デビューしてほしいという思いがあるので、今いるくくりの中でどうこうよりも、安井くん自身のことを見てたいんだと思う。でもちゃんと見てもよくわからないだろうってことに気が付いてるからそれもしないんだろうなぁ。なんていうか、はまるとわかっている沼には手出さないみたいな?

今まで見てきた上*1で安井くんができジュって視点じゃなくてすごいと思ったのは、やっぱりひとり藤北ができるってことかな。いや「藤北」とはちょっと意味が違うのですが、藤ヶ谷エッセンスと北山エッセンスが安井くんのものとしてちゃんと出てるというか。生では見たことないのであれなんですけど、私は真面目にキスマイとかもっというとかつんの空気感とかスタンスみたいなものをちゃんと自分のものとして会得していて表現できるのは安井くんだけだと思っています。除くすのーまんってことにしてほしいんですけど。こっちはほんとに見たことないから…

去年の秋くらいの少クラ見たときに、歌ったら藤ヶ谷さんだし踊ったら北山さんだしでめちゃめちゃびっくりした。そのまんまやんて。藤北2人より質感がやわらかいので印象は違うけど、本当に藤北の成分をそのまんま抽出して安井くんにのっけたみたいな。

だからその空気を体現して継承していく役目を全うしてほしいなってのが個人的にはできジュっぷりを継承するより大事なんじゃないかと思っている。今は立ち回り的に優等生ポジだと思うのでなかなか難しいかもしれないけれど、安井くんがそーいうことできるようになったらまたJr自体が面白くなるんじゃないかと思っている。

結局Jr内での立ち位置の話になってしまった…。どうもそういう視点でしか見てないんだなぁ。話が飛びますが、私が美勇人くんを「担当」にしない理由の一つに安井くんの存在があります。デビューしてほしいJrをひとりだけあげるとしたら?って言われたら迷わず安井くんの名前をあげるから。それは美勇人くんを知る前からずっと変わってないし、たくさんのJrを知った今でも迷ったことはないです。でも彼を担当にしようと思ったことはないんですよね…なんだろう。いまだに、こんな風に記事を書いても自分が安井くんのことをどう思っているのかよくわからない。

でもオーシャンズ11を見に行ってからはあぁ安井くんってやっぱり面白い人だなと、改めて実感しました。普段少クラとかで基本的に超できジュとしての位置にいる彼に同情みたいな気持ちを持ってることがたぶんあるんだけど、外部舞台で足りてるか足りてないかって言ったら足りてない姿を見てすごく安心したしうれしかった。まだまだ昇っていける。まだ飛び込む世界はたくさんあるなぁって。でも足りてないって言ったけどやっぱ彼はすごいです。ほんとに視野の広い人なんだなぁって改めて思いました。あとあの声を大事にしてほしい。高めの特徴的な声は絶対印象に残るから、唯一無二の武器になってくといいなあ。

 あとはこないだのCSガムシャラの放送でじぇしおと二人でまっすーからインタ受けてるやつが私が一番素っぽいなって思った映像ですね。なんていうか、結構雑で温度低い人だよね?たぶん。うまく言葉にできないけど。なんていうか、やっぱりだけど彼が好きなように表現できる場所にたどり着けたらいいなと思います。ソロコンとか見てみたい。

あとはもう、体に気を付けてお仕事がんばってください、っていうのだけは言いたい。冗談抜きで今、安井くんが動けなくなったりしたらJr界隈は崩壊すると思うので、というか安井くんが仕事してると安心するので。これからもよろしくお願いします。

だめだ結局こういう言葉で締めてしまった…ww

この記事を書いてて私はつくづく普段彼を「安井くん」としては見てなくて、Jrの中核を担う人であったり、新しいJrのあり方を作る人であったり、類を見ないできジュであったり、なんていうか、こういう見方しかしてないから重くなるんだよwwと自分で突っ込みたいくらい偏ってるんだなーって気が付きました。

でもたぶんそうなってしまうところが彼の魅力なんだろうな。本質がつかめないのでどうも側面や付随する立ち位置ありきで見てしまう。環境に左右される人。それがおもしろいなぁと思わせてくれる理由ですかね。

 

なんか長い割にうすーい記事になってしまった気がしますがww安井くんが弟たちをかわいがってきゃっきゃしてるところ本当に好きですし、やっすーにデレるみんなも本当に好きです。ほんとに好きだよ!!!キスマイのバックとしても本当にお世話になってます。東京はつくのかな…ちょっと楽しみにしてるね。

黒髪も明るめも似合うところが好きです。童顔と見せかけてふつーに成人男性なとこも好きです。というか、ほんとに時々ハッとさせられるのであまりあざとかわいさばかり推すのはやめてください。びっくりします。安井くん以上にはっ!男だ!!男性だったこの人…って思う人いないですwwwでもそうやって刺激的なところが安井くんを見続けたいなーって思わせてくれる理由です。

 

これからもかっこよくかわいくやさしく、輝いていてください。どんな未来をつくっていくのか楽しみにしています。

 

お誕生日おめでとうございます!!23歳の1年も笑顔であふれますように…!!

 

 

*1:ほぼほぼ少クラ