読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなだけ!!

書きたいことを書くところ

陽射しのなかで

MYU Jr

夏の思い出を。

 
キラキラがいっぱいで、わたしの目には収まりそうにないくらい。だからこそその欠片をひとつでも、書き留めておきたくて。
 
19日の朝、学校へ行くみたいな時間に家を出る。今日で熱い夏が、青春が、終わってしまうんだなぁって。私がチケットを持っているのは1部だけなのに、どうしても帰れなくて、ずーっと六本木に。スタバに入って、映画を見て、マックでボーっとして、「2位」ってレポを見てやっと、足が駅に向かいました。
 
最後の公演が始まる時間、わたしはこんな風に呟きました。
 
みゅうとくんの瞳がキラキラ輝いていますように。
 
なんかこれだけ見ると泣くの願ってるみたいで(笑)、一瞬躊躇ったんだけど送信した。
わたしがこの夏見た彼の瞳はいつもキラキラで、あぁこの人はアイドルなんだなぁって。何度もおもいました。ステージの上で、まぶしい照明を受けて、目をキラキラ光らせる彼は紛れもなくアイドルで。それがとってもきれいだったんだ。だから、彼が10代最後の夏をかけて目一杯戦ったいちばん最後もキラキラのままだといいなと思った。 
 
そして最後の公演が終わった後、キラキラしてた!お疲れ様でした!って誰の言葉かもわからないツイートを見て、あーよかったなーーって。私の夏はちゃんと終わりました。
 
 
 
 
暗闇の中に、白い影が4つ。無音の中、さっと後ろから走り出して宙高く飛ぶ。あっという間に叩き込まれるボール。張り裂けるような歓声と、ギラついた瞳。
 
たったそれだけが、夏を熱くしたんだ。私の心を掴んで離さなかったんだ。
 
紛れもなくかっこよかった君たちが、大好きだ!!!!!!!!
チーム我ちゃん1か月間お疲れ様でした。熱い夏をありがとう。唸るほどかっこいい歌とパフォーマンスを見せてくれてありがとう。みゅうとくんがここにいて、みゅうとくんのファンとしてチーム我を見ることができてうれしかったです。私も一緒に青春してたみたいだった!!本当に感謝です。忙しいかもしれないけどゆっくり体を休められてるといいなぁ。
 
 
君の青春の1ページにこの夏があることが、とても輝いて見えるよ!!