読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなだけ!!

書きたいことを書くところ

2016/5

-現場

•10ks!!   東京ドーム

すごかった。すごい現場に行ってしまいました。めっちゃ外野だけど感傷に浸らずにはいられないような、そんなコンサート。

水と火と光がずっと美しくて、ペンライトの光さえもステージの一部として昇華してしまうようなあんなすごい画は初めて見た。

"天井席でも入りたい"コンサートはたぶんたくさんある。遠くても楽しい。でもそりゃ近くに行きたいよねって。

でもKAT-TUNのコンサートは"どうしても天井席に入りたい"コンサートだった。ステージの近くにいるのがもったいない。そんなコンサートにはなかなか出会えないんじゃないかと思います。

 

•市場三郎温泉宿の恋   東京グローブ座

楽しすぎた!笑すぎた!腹筋つるかと。

まりゑちゃんがいい味出しすぎである。

 

•ジャニーズ銀座B(TravisJapan)   シアタークリエ

トラちゃん初単独クリエ!すっっごい席が来てもうずっと瀕死、みたいな。しめしめさんがかっこよい。みゅうとくんはもうなんか無敵だった。

 

 

-映画

 

・ヒメアノ~ル

すごいものを見すぎて語彙がさようならしました。でも剛くんのwebメールで、勇気を持って劇場に行ってくださいって書いてあって、それを糧に頑張ってよかったなって思う映画でした。頑張って見てよかった。森田剛がすごいことをひたすら体感するための120分。

オオカミ少女と黒王子

わりとハマったかなーーー!??って感じ。ただラストシーンがちょっと気に入らない。笑

二階堂ふみちゃんと門脇麦ちゃんの掛け合いっていう強そうすぎる贅沢すぎるシーンがこういう胸キュン!みたいな映画でよかったのかなっていう一抹の不安はあります(笑)いやまじ見所?さんちゃんだろ?って感じ。あと吉沢亮くん演じる日下部くんが僕は佐田くん(山﨑くん)みたいにかっこよくないし...ってシーンがあるんだけどいやいやキツイご冗談をって突っ込みたくなった。男子勢の顔面偏差値がえぐい。

近年の漫画原作のキュンとしよう映画シリーズって、客の大半はたぶん女子で普通に考えてヒロインに感情移入してイケメンに恋をするって見方がスタンダードなはずなんだけど、男の子を魅力的に描こうとするあまりその役の未熟なところが浮びあがらない、その分ヒロインも影薄い、みたいな、バランスがストンと落ちないなってのが多かった印象なのね。けれどこの作品は有無を言わさずエリカに同情できる作りになってるところが秀逸だなーと。私だけかもだけど、エリカと一緒にバッサリ斬られたシーンがあったので。だからわりと恭也テメェこのやろうって思いながらラストまで見れてスッキリ後味でしたね。まぁラストシーン気に入らないけど(笑)

 

 

 

-ディスクその他

・タキツバ新春

足の長い猿さんかっこよすぎでは????セレネイでちきゅうのひとじゃない!って思ったみゅうとくんがちゃんと映っててなんか安心した。地球の人だった。

全体通してはずーーーっとペンデュラムラブ見てます。

・パリピポ

こんな楽しい!だけのコンサートにもなかなか出会えないなーって、去年の5月のことを思い出しました。

ドキュメンタリーで手書きの構成案でてくんの激アツ。

 

 

 

5月前半はすごく現場三昧で脳みそフリーズ状態で、その後はひたすらにクリエ当日券集めてました。15枚かな?たぶん過去最高記録。日比谷ぼっち飯スキルをコツコツとあげました。来年はお友達を作ってクリエ前でわーーってするのが目標ですかね。