すきなだけ!!

書きたいことを書くところ

きみはいったい何人

 

けっこうデリケートな話題だと思うので前置きしますけど、これはもう超主観的な話で常に主語は私です。し、私にとっては黒髪と金髪ならどっちがブチ上がるか、くらいカジュアルな話題です。どっちも好きだよどっちだってかっこいいんすけど!!でもやっぱ!!!最&高とは!!!みたいな話です。

 

個人的な満足度としてすととら公演のがダントツだったんですけど、なにかって、もうみゅーさんがセンターにいる尺が長い、それに尽きます。センターって0番てことね。ステージの真ん中にいる、立ち位置がそこであるってこと。

 

すのらぶ公演に入った時点で薄々勘付いてはいたんだけど、やっぱり私はステージの真ん中にいるみゅーさんが好きなんですよ。もっというと、センターじゃなきゃ嫌なの。真ん中以外は似合わない、と思っている。どうしても真ん中がいい。

そんな私のわがままがたくさん叶ったのがすととら公演の構成だったってだけの話です。

みゅーさんはどこだっていつだって、ダンスはキレッキレだし頭ふってベース弾くしおっきな口開けて笑うし投げチュー連発するし、それがステージの真ん中だろうが端っこだろうがバルコニーだろうが、もっというとそこがEXでもクリエでも横アリでも帝劇でも、いつもかわいくてかっこいいみゅうとくんを全力で表現してる。そして私はみゅーさんしか見てなくて、双眼鏡の視界に彼1人しか収めてない時間のが多いくらいなので、場所も関係なくて、もっというと、周りにいるのが誰かわからなくても、私の視界の中でかっこいい姿でいるみゅうとくんが全部なんです。

でも双眼鏡おろして見てたらねーーかっこよかったんだもん。あぁ真ん中似合うなあ。って、彼の名前と顔を覚えて踊るところを見始めたときに感じていたことを思い出して。この人真ん中似合うなあーていうか真ん中以外は似合わない!って思ってたなあって。

何回も言うけど実際のみゅうとくんはどこにいようが誰といようがもりたみゅうととして存在感を発揮して、余すことなく自分を表現できる人ですきっと。そういう姿を見てきたから、そう思ってる。だからどこにいたって私がつまんないって思うことなんてないんだけどね、でもこの夏のまとめとして。