すきなだけ!!

書きたいことを書くところ

どんな場所にだって行けるよ

森田美勇人くん22歳のお誕生日おめでとうございます!!\(^^)/

 

22歳だって!はっや!!毎年言ってるけど!特にこの1年はめちゃめちゃはやかった(私がジャニヲタをサボっていたので)

21歳の美勇人くんのお仕事を見たのは、ジャニアイ2回と、Jr祭りさいたま、キスマイ横アリ!去年の半分くらいでしょうか…(笑)今年は本当にチケットに恵まれなかったのでゴニョゴニョ…。そんなことは置いといて、今年もたくさんのステージに立っていた美勇人くん。ほんとすごいよね?お誕生日のブログ書くの5回目だけどさ、毎年毎年お仕事いっぱい!って書けるのすごくない?当たり前のことかもだけど、当たり前のことを当たり前にやってるのってすごい。

それを自分が見れることも当たり前のような、毎年のルーティンみたいになってたけど、今年はそうもいかず。見れないことが積み重なってモヤモヤになっていった。と自分では思って、いやあえて思い込んでいたけどほんとうのモヤモヤは別のところにあったのかなぁ。

事の発端はLA留学でした。いや正確にいうとLAに行ったことはもうすごいの一言で、本当に 私の想像なんて軽々飛び越えていく人なんだってすっごい嬉しかったけど、最初、少年収をお休みしたっていうのがどーしても許せなくて。今思えば小さな事かもしれないんだけど、その時は素直にすごいって言えなくて、みんなすごいすごいって言うけどほんと?って、勝手に疎外感感じて。

でもそう思ってしまった自分にも幻滅して。ずっと、踊っててほしかったから。踊りだけじゃないことにイライラしてるだけだって思い込んでたのに、真剣に踊りを学びに行ったことも受け入れらないなんて、じゃあ一体なんだったら心底嬉しいんだよって。本当に困ってしまった。自分の心の持ち方がわからなかったのです。でも現場に行けばかっこいい姿は絶対に見られたから、そのうち悩むこと自体やめてしまって、まぁなるようになればいいやと思っていた。その矢先、トドメ的にズシっときたのは夏のこと。

正直に言うけど、どうしても、どうしても許せなかったのです。もうこれからずっとトラジャじゃない美勇人くんなんて想像できなくて、美勇人くんがもうずっといないトラジャも想像できなくて。私が美勇人くんの顔を覚えた時からずっとTravisJapanの森 田 美 勇 人だったから。

自分でも何が嫌なのか、選んだことが嫌なのか、選んだ方が嫌なのか、ぜんぜん分からなかった。けど、これからちゃかちゃんやんちゅさんのおにーちゃんは誰がするの?って思ったり、1番許せないって思ったのは帝劇の千秋楽。本当のことなんて永遠に絶対に私が知ることなんてないけど、でも想像してしまったことが、想像できてしまうことが悲しかったし悔しかった。でもこんなの私が勝手に怒ってるだけで、みんなが本心でなにを思ってるかなんて私は知らないから、美勇人くんも、トラジャの誰も悪くなくて。それはわかってるんだけど、でも悪くないからこそ自分の気持ちをどうしていいのかわからなくて。じゃあいっそ、モヤモヤごとどっかに置いてきた、つもりでいたけどそんな上手くは行かず。

で、ある時気付いたんだよ、絶対に許せはしないこと。私は美勇人くんが賢くて聡明なひとだって知ってる。いつだって真剣にステージに向き合うひとだって知ってる。全力でアイドルを全うしようとしているひとだって知ってる。そんな人が今選んで示しているものは、ものすごくちゃんと考えられた選択と行動なんだよ。きっといきあたりばったりじゃないし、一時の気の迷いとかでもない。きっと考え抜かれたものだから、隙があったりしないし、覆ったりもしない。それを”許せない”と思うなら、もうそれはそう思うしかないんだなって。

それが分かった瞬間は、すごく悲しかった。もう美勇人くんをキラキラな気持ちで見ることはないのかなって、思ったけど、でも少し考えてみると、そこまで分かったなら割り切って楽しいだけ、好きだけを考えればいいんじゃないかってそう思えた。悲しいものはいくら考えたって悲しいもん。許せないことと好きかどうかは繋がってないなって。いやたぶん繋がってるけどね(笑)でもそう理解したら自分の中にストンと落ちて、フラットな気持ちになったんだよ。いろんな環境のことを美勇人くんを好きといえない理由にするのはやめようと思った。というか、環境のせいにして考えようとするからずっと納得できなかったんだなって思った。ずっとスッキリしかたかったから、もやもやから抜け出せてすごく、うれしかったです。

それがちょうどLove-tuneLIVEの前日くらい?(笑)そんでグッズ買いに行く気持ちにもなれて、でもあいにくの雨で(2日目だった)。寒さを耐え忍んでやっとグッズ売り場にたどり着いたとき、ちょっと泣きそうになったんだよね。あったかいところに来れたってだけじゃなくて(笑)、美勇人くんが一生懸命考えてデザインしたTシャツをこれだけの人が求めてて、しっかり見本も展示されてて誘導のスタッフさんも販売のスタッフさんもたくさんいて、みんな満足げな顔でTシャツ買っていくその光景が、すっごいうれしかったんだよなぁ。目にわかる形で価値があるものだってよくわかったからかなぁ。もちろん、全員が美勇人くんがデザインしたから買いに来てるとは思ってないよ。もちろんわかってるけど。それでも、すっごいうれしかった。雨降りのクソ寒いなか待ち続けたその先に、自担がデザインしたグッズが待ってるってなんて幸せなんだろうって。制限めいっぱいTシャツ買ってくらぶ担もなんだかかわいかった。初めての気持ちで、すっごく嬉しかったんだよーー。

 

そんなこんなで(笑)こうやって心からお祝いできる誕生日を迎えられてよかったです。ほんと、どーしよーって感じで、自分でも収拾つかなくなってたから、また美勇人くんのこといっぱい見たいなって思えてよかった。

 

改めて、22歳のお誕生日おめでとうございます!いーっつも言ってるけど、見たいものは全部見てほしい、行きたいところには全部行ってほしい、そう思うのは今でも変わりません。こんだけつらつら書いてちょっと矛盾してるかもだけど(笑)私がぶれぶれだとしても、美勇人くんが一貫してかっこいい人であることは変わらぬ事実なので!軽率にかっこいいとかわいいを叫べるように努力しようと思います。

この1年にどんなステージが待ってるのか考えるだけでワクワクする!!

 

 f:id:yk-924:20171101001755j:image

 

22歳の1年もたくさんのハッピーが訪れますように!映画楽しみだよ!!

ほんとにほんとにおめでとう💕

 

f:id:yk-924:20171101001857j:image

 

 

2017.10.31