すきなだけ!!

書きたいことを書くところ

愛してるだけじゃキミはたりない

1ヶ月ですってーーそんな感じ全然しない。

っていう記事を温めてまた1か月たってしまいました。いい加減下書きフォルダがカビそうなので公開してみる。楽しい話はひとつもないです。

 

 

 

1ヶ月経っても、何を書いていいかわかりません。なにもわかったことはなくて、ずっと、混乱したままです。

 

吉野晃一のステージがあれば何かわかるかもしれない、6人の超特急のステージがあれば何かわかるかもしれない、この1ヶ月でそんな期待をしたりもしたけれど、結局、自分の気持ちはよくわからない。

ただ自分が、超特急が好きで、コーイチくんが好きで、みんなに幸せになってほしいと思っていること。それだけがよくわかる1ヶ月でした。

 

周りは、というか、超特急は前に進むことを決めていて、やろうと思えば前みたいにリリースに沸いて現場申し込んで、ってできる環境は用意されてて、それが嬉しくもあり悲しくもあり。

あんなにかっこいい6人を泣きながら見つめるなんて間違ってる、でも6人をかっこいいと認めてしまったら、コーイチくんに対して失礼、コーイチくんが好きな自分を裏切ることになる、でも6人の本気のステージングを受け止める覚悟がないなら客席にいる意味なんて。それを堂々巡りしています。どうしたら自分が落ち着けるのか全然わからない。1ヶ月経っても、このもどかしさを収める方法がわからない。

 

一番越えられないもどかしさは、もう8号車はひとつになれないってことだなって、1ヶ月経ってわかったことです。

ひとつ、って私個人の体感でしかなくて、別に現場に来る意味もファンのやり方も超特急という存在の意味もヲタクの数だけ定義があるだろうし、コーイチくんの挨拶みたいになっちゃうけど、でも私にとって8号車はいつもひとつだった。超特急が夢のレールを進む姿を焼き付けようと、声を出して、ペンラを振って。ぐんぐん進むこと、どんどん大きくなることを怖がったりしない。8号車は自分たちが張り切っただけそのライブの熱量が高まることを感覚的にわかっていたんじゃないかなって思う。

なにより意味があったのは、そのひとつ、のなかに自分がいるということ。超特急が好きで、最高に楽しいという気持ちで客席にいる自分がいたこと。

いままでジャニーズDDしたりJr担してるときって、自分が客席の真ん中ってことがほぼなかった。真ん中って場所じゃなくて、大多数のヲタクかってこと。出演者がファンの皆さんとして指す対象であるか、ステージを見せつけたい対象であるかってこと。バック担としていく現場は部外者だと思って行く。もちろんJrのファンのみなさんも、って言ってもらえることもあったけど、でも隣の人と湧くタイミングや視線が重なることってほぼない。Jrの現場もそう。出演者が何十人といる場所はやっぱり分散する。それぞれ集中するタイミングが違う。年に一度のクリエも、なかなか、私自身が中の人になれる瞬間はなかった。自分の心の持ちようの問題だけどね。わたしはウエストの現場が大好きだけど、いままでなんどジャスミーーン!!もっと!ジャスミーーン!!て煽られて黙ってしまったかわからない。だって私はジャス民じゃない。その瞬間に外野になる。でも別に嫌だとかネガティブに思ったことはなかった。私にとって現場っていうのは外野として行くものだったから。外野でも楽しめるコンサートこそ極上のものと思ってきた。

 でも超特急の現場に行って初めて、自分が中の人になれた気がした。寸分違わずペンライトが揺れる客席を初めて見たときの衝撃は忘れられない。めちゃめちゃかっこいいと思った。その時はこんなのできるわけ!と思っていたけど、気づいたらコールもペンラ芸も体に染み付いて、たった1年なのに、いつのまにか中の人になってた。疑いなく超特急かっこいいって思ってる。今が楽しいって思ってる。そういう人が多数派を占める場所で、自分もその1人だったこと。いま絶対ここにいる人みんな楽しいって思ってるよね!って思い込める場所だった。それが自分にとっては特別なことだったし大切なことだった。ジャニ現場とは違って連番相手がちゃんといて終演後にかっこいい!!すき!!って叫べるのも大きかったな。ただの自己満だけど、8号車してる自分が好きだったんだよ。

 

でも、もう8号車はひとつにはなれない。

 

7人の超特急が好きな8号車、6人を受け入れる8号車、受け入れられずに止まっている人、すぐ歩き始める人、それこそオタクの数だけやり方がある。いろんな人がいる。誰も悪くない。それぞれの選び方がある。

でも、だから、もうひとつにはなれない。

それがどうしても悲しい。もどかしい。やるせない。真ん中のヲタクになりたい。でもなれない。もうなれない。だってしんどいもん。悲しいもん。かっこよければかっこいいほどかなしい。なんでコーイチくんがいないの。

 

めそめそしている人になんで??って苛立つ気持ちもわかるし、どんどん進んでいくみんなを見て置いてきぼりになったような不安を感じる気持ちもわかる。私はどっちかですらない。どっちも他人にも自分にも思って勝手にしんどくなって、それでもTLに張り付いたりする。自分でもバカみたいって思う。でもどうしたらやめられるのかわからない。毎日、困ったり泣いたりして過ぎていくだけで、なにかが変わることなんてあるんだろうか。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

ここまでが2月16日までに書いた話。それからの1か月はずっとしんどいが続くだけであんまり変わってない。

この記事のタイトルをぷりずのyoursにしたのは、ちょうど2/13,14あたりでリリイベにお邪魔してて、めちゃめちゃ楽しくて、こんな快適なリリイベあるのってびっくりしてぷりず大好き!!って連呼してたから。ウィンくんとティムくんの声がめちゃめちゃ好きなんですよ。そしてyoursがめっちゃいい。私の大好きなやつ。重たい愛の歌。こんな好きな歌のCDめっちゃ買うじゃん。

でも何回聞いてもコ―イチくんの歌になっちゃう。歌いだしのこのフレーズが、リリイベではアカペラでウィンくんが歌い上げてたこのフレーズが、もうコ―イチくんでしかなくて。

愛してるだけじゃキミはたりない

駆け抜けた日々が 胸の奥で溶け合う

いつの日か永遠を描いていた

僕たちは何ができるだろう

好きになった日のあの頃

今もふいに思い出す

 

こーちゃん何してるかなぁって、元気かなぁって。いつも戻ってくるところは一緒。

 

ぷりずさん見てるとね、思うこと色々あって。ぷりずさんがかっこよくて素敵なこととは全然別でね。ツインボーカルとか、あとは結構作詞作曲しててすごいなーって。あんまりぷりずさん曲知らなくて。クレジットはますます知らなくて。カラオケ行ったらWINTIMばっかよ。ボーカルこんな曲いっぱい書いてるんだってびっくりした。ボーカルに限らずメンバー全員やってるよね?つばちゃんは振付やってる?あんま詳しくはわかんないけど、キャデラックのアルバム紹介回とか見てても自分たちで作ってる感がすごい。コ―イチくんも、こんな風に作り手のこともたくさんできたら、「ズレ」ってならなかったのかなぁって。また考えたって仕方ない最初のところに戻ったりして。ぷりずさんいいなぁって変な、わけわかんない嫉妬したり。なんだろうねもう。

わけわかんないこと言ってるけど、ぷりずさん曲好きだしダンスうまいしMC楽しいし、なによりやばいヲタクがいなくて、スタッフさんの進行もめっちゃ円滑だからほんと楽しい。また現場行きたい。

 

あーーぜんぜん何書いていいかわかんないな。発表があってすぐはいろいろ書けた、というか言語化できたのにな。定点観測みたいな感じで自分の考えてることとか記録したかったんだけどな。ぜんぜんうまく言葉にならない。いろんな事考えても、わかんなくて、投げ出したりしてるからかな。

a kind of loveは聞いてます。MVも見た。ぽんカイかわいい。ぜったい曲聞けないって思ってたけど、聞けた。すごく好き。好きな感じの曲。歌も大丈夫だった。私タカシくんの歌大好きなんだった。めっちゃいい。

でも、この楽曲を超特急のものだと捉えられてるかは微妙で、私が好きなタカシくんが歌ってる歌であり、私が好きなカイくんが踊ってる歌であり、それだけって感じ。

たまに、あーコ―イチくんの歌聞きたいなー、超特急の歌聞きたいなーってなる。最後に生で歌聞いてから2か月以上たった。去年ね、そんなに空いたことなかったんだよね。長くても1か月半くらい。長めに空いてても次の現場が決まってないことなんてなかったし。単純に、聞きたいなって思う。超特急の歌。

 

こんなにしんどい連呼してるならやめれば?って思うし、いわゆる下車って考えたりもするけど、ていうか見る人が見れば降りたようなもんだろうけど。でも降りるってなんだろう。そもそも、私が乗ってたつもりの列車はもう走ってない。むしろ何に乗ればいいのか。困ってる。なんかには乗りたいの。そうじゃなきゃ日々が成り立たない。でもね、ちゃんと進んでいるような活気あふれるなにかに意気揚々と乗り込む自分が想像できない。したくない。それが一番やばいと思う。今までそんなことなかった。なにか悲しい別れがあったとしてもまぁ時間が経てばまた楽しいがあるよ、大丈夫っしょ。ってもう一人の自分が冷静に見てたりしたけど、今はそれすら意味わかんない。元気でいる未来の自分に全然会いたくない。

 

困りましたよ。ねぇ。

 

 

 

はーーーーーごはん食べよ。